スタッド(スパイクのいぼ)の違い

サッカースパイク研究室

プロフィール

サッカースパイク研究室

「サッカースパイク研究室」にお越しいただきありがとうございます。

当サイトでは「サッカー」ならびに「サッカースパイク」に関する情報を提供させていただいています。

また、当サイト内にはアフィリエイトプログラム(広告)のリンクが含まれています。

リンク先ページで商品の購入をされる場合、当サイトから販売するのではございません。

商品やサービスに関するお問い合わせはリンク先サイト様へお願いいたします。

Sponsored Link

スタッド(スパイクのいぼ)の違い

サッカースパイクの一番の特徴であるスタッド(スパイクのいぼ)。
スタッドには大きく分けて「固定式」と「取替え式」の2種類があります。。


「固定式」と「取替え式」のスタッドについて、それぞれの特長をみてみましょう!

「取替え式」スタッドの特徴

「取替え式」はスタッドを金具で取り付けているタイプのことを言います。
「取替え式」スタッドはグラウンドコンディションが悪いときに、状態にあわせてスタッドを交換し使用します。
しかし、試合中にスタッドがとれる、金具が折れるなどのデメリットがあります。

また、スタッドを交換する際、ある程度スタッドの摩耗具合を揃えないと履きづらくもなります。
したがって、取り外し式は上級者向けと言って良いでしょう。

適したピッチ条件 芝・雨天時など柔らかいグランドに適している。
特徴 「固定式」よりも高いグリップ力がある。
メリット ・グランドコンディションにより変更できる。
・磨耗したスタッドだけの交換が可能。
デメリット 日本の大半を占める硬いグランドで使用すると、足・膝・腰に大きな負担がかかる。自慢のグリップ力も発揮できない。
また、スタッドが取れたり、折れたりする可能性がある。

「固定式」の特徴

「固定式」はその名の通り、サッカースパイクの裏にスタッドが固定しているタイプのことを言います。
基本的にスタッド固定式サッカースパイクで十分使えると思います。

適したピッチ条件 柔らかい土、固い土、短い芝など、幅広く対応できる。
特徴 「取替え式」に比べ、足への負担が少ない。
メリット 芝のグランドが少ない日本では、場所を選ばず使えるスパイクの主流。
デメリット 摩擦によるスタッドの減りは避けられない。
ソール交換は可能ですが、費用がかなり掛かる。

また、「固定式」のなかにも最近増えてきている「異形状スタッド」と
従来からある「丸型スタッド」があります。

異形状スタッド 現在主流になりつつあり。
しっかりと地面にひかかってくれ、高いグリップ力を発揮してくれる。
丸型スタッド 従来は丸型のみ。
安定感があり、横方向に必要以上にひっかかりがない為、足首の捻挫などの心配な方には もってこい。
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。